国際会議や見本市など海外のイベントに参加するビジネスマン向けに「おすすめホテル」や「ホテル選びのポイント」をご紹介しています。便利で快適なホテル探しに是非お役立てください。

クレジットカードに付帯する【海外旅行保険】の活用!

海外旅行中は不慣れな土地で思わぬトラブルに巻き込まれることも少なくありません。
そんな旅先のトラブルで活躍するのが海外旅行保険です。j

一般の海外旅行保険に加入するのも一つの手ですが、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っていれば、保険料もかからず事前の申し込み手続きなしでケガや病気、身の回り品の盗難や破損がおこった時に必要な費用を負担してもらえますので旅行中の心強い味方になってくれます。

ここではクレジットカードに付帯している海外旅行保険についてメリットや注意点、一般の海外旅行保険との違いをご紹介していきます。

補償額早見表 クレジットカード付帯海外旅行保険

まずは人気の海外旅行保険付きクレジットカードのおもだった補償限度額を一覧にしていますのでご覧ください。

年会費(税込)付帯条件傷害死亡・後遺障害傷害治療疾病治療賠償責任携行品損害救援者費用
Eposカード
永年無料自動付帯500万200万270万2,000万20万100万
楽天カード永年無料利用付帯2,000万200万200万2,000万20万200万
楽天プレミアムカード11,000円自動付帯( )は利用付帯4,000万(5,000万)300万300万3,000万30万(50万)200万
JCB CARD W永年無料利用付帯2,000万100万100万2,000万20万100万
JCB一般カード1,,375円(初年度無料)利用付帯3,000万100万100万2,000万50万100万
JCBゴールド11,000円(初年度無料)自動付帯( )は利用付帯5,000万(1億)300万300万1億100万400万
JCBプラチナ27,500円自動付帯1億1,000万1,000万1億100万1,000万
アメリカンエキスプレスカード13,200円利用付帯5,000万100万100万3,000万30万200万
アメリカンエキスプレスゴールドカード31,900円自動付帯( )は利用付帯5,000万(1億)300万300万4,000万50万300万
三井住友カードゴールド11,000円(初年度無料)
自動付帯( )は利用付帯1,000万(5,000万)300万300万5,000万50万500万

⇒付帯条件:自動付帯/利用付帯の違いについてはこちら(ページ内リンク)

近年の保険会社の調べでは海外旅行保険の加入者の中で何らかの事故にあう確率は4%弱だったという調査結果が出ています。件数が最も多いのは治療、救援費用関係、ついで携行品損害となっていてこれらで全体の7割強をしめるそうです。

筆者は過去50~60回(ほぼ全て仕事ですが)海外に行かせていただいた中で保険申請した事故は確か3回ほどだったと思います。
幸か不幸か上記の保険会社調べの確率と同じようなものですね。幸い病気やケガをすることはなくどれも携行品の損害でした。そのうち2回は持ち物や航空会社に預けたスーツケースが壊れたというたぐいで大したことはありませんでしたが、残りの1回はヨーロッパで貴重品の入ったカバンを盗まれひどい目にあいました。どの事故も携行品損害の保険がおりたのですが、特に盗難事故にあった時は現地で事故相談窓口に日本語で相談できてとても心強かったですし、損害額もそこそこ大きくて保険のありがたみを強く感じました。

保険代理店の行っているアンケート調査によるとまだ多くの旅行者が保険に加入することなく海外に出かけているようです。理由は様々考えられますが、旅行の手配が終わると保険の事まで気がまわらなかったり、加入の手続きが面倒でそのまま忘れてしまったりする人も多いのではないでしょうか。

どうしても後回しになりがちな旅行保険ですが、そういった加入し忘れを防ぐ意味でも海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っておくことは万一の備えになります。

「年会費永年無料」で海外旅行保険が付帯される人気クレジットカード4選

それでは海外旅行保険が付帯したクレジットカードにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず一番人気があるのは年会費が永年無料で海外旅行保険が付帯したクレジットカードです。下に人気のある年会費無料カードの補償内容一覧を載せていますので参考にして下さい。

維持費を含めて費用は一切かからないのに、持っているだけである程度の補償が付いているので、海外旅行に行くなら是非1枚は持っておきたいカードです。

さらにクレジットカードの海外旅行保険の補償金額は合算できる(傷害死亡・後遺障害以外)ので、補償額が増やしたいなら複数枚持っておくのもよいでしょう。⇒海外旅行保険の補償額は合算できる(ページ内リンク)。

 エポスカードJCB CARD W楽天カード
年会費永年無料永年無料永年無料
申込条件18歳以上18歳以上~39歳以下18歳以上
付 帯 条 件利用付帯利用付帯利用付帯
家 族 補 償
傷 害 死 亡500万円2000万円2000万円
後 遺 障 害500万円2000万円2000万円
傷 害 治 療 費 用200万円100万円200万円
疾 病 治 療 費 用270万円100万円200万円
賠 償 責 任2000万円2000万円2000万円
携 行 品 損 害20万円20万円20万円
救 援 者 費 用100万円100万円200万円
補 償 対 象 期 間90日間3ヵ月3ヵ月
ショッピング補償100万円
国内旅行傷害保険
(傷害死亡・後遺障害のみ)

おすすめの海外旅行保険付帯クレジットカード

ここでは数あるクレジットカードの中から、海外旅行傷害保険が付帯しているお勧めのクレジットカードを厳選してご紹介します。

世界的に利用できる店舗数が多く利用者数シェア1位のVISAカードの人気が高いのですが、JCBやアメックスといった補償やサービスの手厚いカードも魅力的です。特にアメックスは海外旅行時に利用できる様々な独自サービスがありワンランク上の旅行が楽しめます。JCBやアメックスは国によって使えるお店が限られる場合もありますので、サブカードとして1枚はVISAカードを持っておくことをお勧めします。

No 1. エポスカード

丸井グループが発行している年会費永年無料!のクレジットカード。最短で即日発行が可能な上、海外旅行保険が自動付帯(2023/10/01から利用付帯に変わりました。)。その他にも優待特典多数。マルイでお買い物をする人にもしない人にもお得なカードです。国際ブランドはVISA。
エポスカードの公式サイトはこちら

年 会 費永年無料!国際ブランドVISA
基本ポイントポイント 200円で1P(1P=1円)最短発行日数即日~
申 込 条 件18歳以上追 加 機 能ETC,楽天EDY,モバイルSuica,
スターバックスカード,au PAY,Apple Pay
付 帯 保 険海外旅行保険
注目ポイント エポスカード

年会費が永年無料!
海外旅行保険が自動付帯(2023/10/01から利用付帯に変わりました。)⇒補償額一覧へ
✔ 最短即日発行!
✔ ネットショッピングでポイントが2倍~最大
30
 ※専用サイト「たまるマーケット」を経由して「amazon」「楽天」「YAHOOショッピング」などの提携先でお買い物をした場合。
✔ 全国10,000店舗以上の飲食店、レジャー施設でお得な割引!
✔ 海外サポートデスクで海外旅行中も安心!

 海外の主要都市に設置されている「海外サポートデスク」で「観光情報」「レストランやオプショナルツアー、各種チケットなどの予約」「カードやパスポート紛失・盗難時のサポート」などのサービスを日本語で無料で受けられます。

No 2. JCBカード W

18歳以上~39歳以下限定。年会費永年無料でいつでも基本ポイントが2倍。しかも入会後3ヶ月は4倍。海外旅行保険やショッピング保険がついている最強カード。

注目ポイント JCBカード W

年会費が永年無料! 39歳までに申し込めば40歳以降もずっと年会費無料 !!
✔海外旅行保険が付帯。(利用付帯)。⇒補償額一覧へ
✔ショッピング保険が付帯。
✔ポイントは常に2倍!しかも入会後3カ月はポイント4倍!

ネットショッピングでポイントが2倍~最大
20倍!
 ※専用サイト「Oki Dokiランド」経由で「amazon」「楽天」「YAHOOショッピング」などの提携先でお買い物をした場合。
✔WEB明細サービス「MyJチェック」に登録すると海外利用時のポイントが2倍に!
✔「JCBプラザ」が海外旅行中もあなたをサポート!
 海外の主要都市に設置されている「JCBプラザ」で観光情報」、「JCB加盟のレストランやオプショナルツアー、各種チケットなどの予約」「JCBカードの紛失・盗難時の緊急サポート」「Wi-Fi利用」などのサービスを日本語で無料で受けられます。

JCBオリジナルシリーズ

No 3. 楽天カード

コマーシャルでもおなじみ「年会費永年無料」の楽天カード。
高還元率のポイントは貯まりやすくて使い勝手もグッド。顧客満足度調査では11年連続第1位を獲得しています。年会費無料で海外旅行保険が付帯している希少なカードなので楽天ユーザーでなくても1枚は持っておきたい1枚です。
楽天カードの公式サイトはこちら

年 会 費永年無料!国際ブランドVISA,Master,JCB,
American Espress
基本ポイントポイント 100円で1P(1P=1円)最短発行日数約1週間
申 込 条 件18歳以上追 加 機 能ETC,楽天Edy,
Apple Pay,Google Pay
付 帯 保 険海外旅行保険
注目ポイント 楽天カード

新規入会&利用でもれなく5,000ポイント進呈中!!
年会費が永年無料!
✔ 海外旅行保険が付帯。(利用付帯)⇒補償額一覧へ
高還元率ポイント 100円につき1ポイント=1円。
さらに楽天市場のお買物はポイントが最大3倍!

No 4. JCBゴールド

JCB一般カードのサービスに加え、さらに手厚い旅行保険や空港ラウンジサービス、グルメ優待サービスなどが利用できます。

注目ポイント JCBゴールド

インターネットからの申し込みで年会費が初年度無料。
旅行保険が充実。海外旅行保険+国内旅行保険が自動付帯。※一部利用付帯。

海外旅行保険は家族も補償。最高補償金額1億円⇒補償額一覧へ
✔ショッピング保険は年間最高500万円を補償!
✔ネットショッピングでポイントが2倍~最大20倍!

 ※専用サイト「Oki Dokiランド」経由で「amazon」「楽天」「YAHOOショッピング」などの提携先でお買い物をした場合。
✔全国250店舗で飲食代金が20%OFF!  グルメ優待サービス
 ※事前予約,専用クーポンの提示,JCBゴールドの支払いで飲食代金またはコース代金より20%OFFとなるサービスです。
✔WEB明細サービス「MyJチェック」に登録すると海外利用時のポイントが2倍に!

空港ラウンジサービス 国内の主要空港、およびハワイ ホノルルの国際空港内のラウンジを無料で利用できます。
✔ラウンジ・キー 世界1,100ヵ所以上のラウンジをUS32ドルで利用できる空港ラウンジサービス。
✔「JCBプラザ」が海外旅行中もあなたをサポート!

 海外の主要都市に設置されている「JCBプラザ」で観光情報」、「JCB加盟のレストランやオプショナルツアー、各種チケットなどの予約」「JCBカードの紛失・盗難時の緊急サポート」「Wi-Fi利用」などのサービスを日本語で無料で受けられます。
JCBオリジナルシリーズ

No 5. 楽天プレミアムカード

世界1,300か所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスや、国内主要空港ラウンジの利用も無料になるなど旅行好きにはたまらないサービスが盛りだくさん。保険は海外旅行保険の他に国内旅行保険、ショッピング保険が付帯しています。プレミアム会員特有のポイントアッププログラムもあり楽天市場のお買い物が最大限にお得になります。
楽天プレミアムカード公式サイトはこちら

年 会 費11,000円(税込み)国際ブランドVISA,Master,JCB,
American Express
基本ポイントポイント 100円で1P(1P=1円)最短発行日数約1週間
申 込 条 件20歳以上追 加 機 能ETC,楽天Edy,
Apple Pay,Google Pay
付 帯 保 険海外旅行保険,国内旅行保険,ショッピング保険
注目ポイント 楽天プレミアムカード

新規入会&利用でもれなく5,000ポイント進呈中!!
✔ 海外旅行保険が
自動付帯※一部利用付帯⇒補償額一覧へ
高還元率ポイント 100円につき1ポイント=1円。
プラチナカード会員は楽天市場のお買物でポイントが最大倍!
✔ 選べる優待サービスでさらにポイントアップ
「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」3種類の優待の中から自分に合ったスタイルを選んでお得に利用することができます。
世界中の空港ラウンジ利用が無料!!
 世界148カ国600以上の都市や地域で、1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できる会員制サービス「プライオリティパス」  
  のプレステージ会員(年会費$429相当)同等ランクに無料で登録できます。※カード申込み後に所定の申し込み手続きが必要です。
✔ 国内主要空港とホノルル空港(ハワイ)、仁川空港(ソウル)のラウンジ利用が無料!!
✔「トラベルデスク」が海外旅行中もあなたをサポート!
  ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点の現地デスクで「観光や交通機関情報」、「レストランやオプショナルツアー、予約代行」「カードやパスポートの紛失・盗難時のサポート」などのサービスを日本語で受けられます。

No 6. JCBプラチナ

JCBプラチナは審査申し込みができるJCBの最上位カード。格安の年会費でプラチナグレードの各種特典が満喫できるコスパ抜群のカードとして専門家からも高い評価を得ています。特典の一部「プライオリティ・パス」や「グルメ・ベネフィット」だけでも年会費のもとを取っておつりがくる上、最高レベルの手厚い旅行保険が自動付帯しています。

注目ポイント JCBプラチナ

✔旅行保険が超充実。海外旅行保険+国内旅行保険が自動付帯。
海外旅行保険は家族も補償。最高補償金額1億円!⇒補償額一覧へ
✔ショッピング保険は年間最高500万円を補償!

プラチナ・コンシェルジュデスク 24時間365日利用可能なJCBプラチナ会員専用デスク
旅の手配からゴルフ場・チケット・レストランのご案内、その他さまざまなご相談を専任スタッフが可能な限り承ります。
✔グルメ・ベネフィット 国内の厳選したレストランの所定のコースが1名分無料!!
国内の厳選したレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料理が無料となる優待サービス(年間利用回数に制限があります。)
✔プライオリティ・パス 世界の空港ラウンジを無料で利用できます!!
世界約148の国や地域、約600の都市で約1,300ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」の「プレステージ会員(年会費$429相当)」同等ランクが無料で利用できます。※カード申込み後に所定の申し込み手続きが必要です。
✔JCBプレミアムステイプラン 厳選された人気ホテル・旅館におトクに宿泊
全国から選び抜かれた上質で人気の高いホテルや旅館を優待価格や会員限定サービス付きで利用できるサービスです。

☆もちろんJCBゴールドの各種サービスやポイントプログラムも利用できます。☆

JCBオリジナルシリーズ

No 7. アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

数あるゴールドカードの中で最高峰のステータスを誇るアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード。プライオリティ・パス、手荷物無料宅配、空港ポーターサービスなど旅を快適にするアメックスならではのサービスが盛りだくさん。その他にもゴールド会員にふさわしい様々な特典が利用できます。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイトはこちら

年 会 費31,900円(税込み)国際ブランドアメリカン・エキスプレス
基本ポイントポイント100円で1Pポイント(1P=0.3~1円)最短発行日数1週間~
申 込 条 件20歳以上追 加 機 能ETC, 楽天Edy,
Apple Pay
付 帯 保 険海外旅行保険,国内旅行保険,ショッピング保険
注目ポイント アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

旅行保険が充実。家族も補償!海外旅行保険+国内旅行保険。最高補償額1億円⇒補償額一覧へ
ショッピング保険は年間最高500万円を補償!

✔リターン・プロテクション付き! 万一、商品の返品を購入店が受け付けない場合の補償です。
 ※購入から90日以内。商品が未使用で損傷がない場合。1商品につき最高3万円、年間最高15万円まで。
✔海外旅行に役立つサービス① 手荷物無料宅配サービス!海外旅行時にスーツケース1個を無料で配送。

 ※対象空港:成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港
✔海外旅行に役立つサービス② 無料ポーターサービス! 
 ※ご出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、ご帰国時は到着ロビーから空港の駅改札口やバス停まで、専任スタッフがお荷物をお運びします。対象空港:成田空港,関西国際空港
海外旅行に役立つサービス③ 空港ラウンジの利用が無料!

 ※国内主要空港28ヶ所+ホノルル空港のラウンジが会員+同伴者1名まで無料でご利用いただけます。
海外旅行に役立つサービス④ プライオリティ・パス
 空港VIPラウンジの年会費が無料!

 ※国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを、基本カード会員様およびご同伴者様も1回32米ドルでご利用いただける「プライオリティ・パス」のスタンダード会員に、年会費無料(通常99米ドル)でご登録いただけます。さらに、1回32米ドルの利用料が年間2回まで無料!
海外旅行に役立つサービス⑤ グローバル・ホットライン
 旅先で24時間日本語サポートを無料で受けられる安心のサポート。
 レストランの予約から緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間無料でご連絡いただけます。
✔レストランのコース料理1名分が無料! ゴールド・ダイニング by招待日和
 国内外200店舗のレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分が無料になるサービスです!

No 8. JCB 一般カード

JCBカードは日本で発祥した唯一の国際カードブランドです。世界シェア1位のVISAと比べるとシェアが広いとは言えませんが近年はアメリカのカード会社「DISCOVER」や「アメリカン・エキスプレス」との加盟店開放契約を結ぶなど国内、海外を問わず使えるお店が増えています。またJCBは日本発祥のブランドだけあって日本人向けのサービスが充実しているのも魅力の一つです。
JCB一般カード 公式サイトはこちら

年 会 費1,375円(税込み)※インターネットからの申込みで初年度無料!国際ブランドJCB
基本ポイントポイント1,000円で1ポイント(1P=3~5円)最短発行日数即日~
申 込 条 件18歳以上追 加 機 能ETC,QUICPay, 楽天Edy,
Apple Pay,Google Pay
付 帯 保 険海外旅行保険,国内旅行保険,ショッピング保険
注目ポイント JCB 一般カード

✔インターネットからの申し込みで年会費が初年度無料
旅行保険が充実!海外旅行保険+国内旅行保険が付帯。(利用付帯)⇒補償額一覧へ
✔ショッピング保険が付帯。
✔新規入会は最大
12,000円相当のポイント還元キャンペーン実施中。
ネットショッピングでポイントが2倍~最大
20
 ※専用サイト「Oki Dokiランド」経由で「amazon」「楽天」「YAHOOショッピング」などの提携先でお買い物をした場合。
✔WEB明細サービス「MyJチェック」に登録すると海外利用時のポイントが2倍に!
✔「JCBプラザ」が海外旅行中もあなたをサポート!
 ※海外の主要都市に設置されている「JCBプラザ」で観光情報」、「JCB加盟のレストランやオプショナルツアー、各種チケットなどの予約」「JCBカードの紛失・盗難時の緊急サポート」「Wi-Fi利用」などのサービスを日本語で無料で受けられます。
JCBオリジナルシリーズ

No 9. アメリカン・エキスプレスカード

シェアにおいては世界4位ですがステータス性において世界1位を誇るクレジットカード。特に海外では様々なシーンでワンランク上の扱いを感じることができるでしょう。一般的なクレジットカードと比べて年会費が高目の設定にも関わらず確固たる人気を誇るのは、そのブランド力の高さと年会費を補って余りある上級サービスの数々です。特に出張を含め海外旅行の多い方にはお勧めです。

年 会 費13,200円(税込み)国際ブランドアメリカン・エキスプレス
基本ポイントポイント100円で1Pポイント(1P=0.3~1円)最短発行日数1週間~
申 込 条 件20歳以上追 加 機 能ETC, 楽天Edy,
Apple Pay
付 帯 保 険海外旅行保険,国内旅行保険,ショッピング保険
注目ポイント アメリカン・エキスプレスカード

旅行保険が充実。海外旅行保険+国内旅行保険(利用付帯)⇒補償額一覧へ
✔ショッピング保険付帯。
✔海外旅行に役立つサービス① 手荷物無料宅配サービス!海外旅行時にスーツケース1個を無料で配送。

 ※対象空港:成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港
✔海外旅行に役立つサービス② 無料ポーターサービス! 
 ※ご出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、ご帰国時は到着ロビーから空港の駅改札口やバス停まで、専任スタッフがお荷物をお運びします。対象空港:成田空港,関西国際空港
海外旅行に役立つサービス③ 空港ラウンジの利用が無料

 ※国内主要空港28ヶ所+ホノルル空港のラウンジが会員+同伴者1名まで無料でご利用いただけます。
海外旅行に役立つサービス④ プライオリティ・パス
 空港VIPラウンジの年会費が無料!

 ※国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを、基本カード会員様およびご同伴者様も1回32米ドルでご利用いただける「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、年会費無料(通常99米ドル)でご登録いただけます。
海外旅行に役立つサービス⑤ グローバル・ホットライン
 旅先で24時間日本語サポートを無料で受けられる安心のサポート。
 レストランの予約から緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間無料でご連絡いただけます。

No 10. 三井住友カードゴールド

安心と信頼の三井住友カードゴールド。国内主要空港ラウンジの利用無料や、24時間年中無休で専門家に医療電話相談(無料)ができる「ドクターコール24」などゴールドメンバーならではのサービスが充実しています。しかもインターネットからの申し込みで初年度の年会費が無料に。
公式サイトはこちら

年 会 費11,000円※インターネットからの申込みで初年度無料!国際ブランドVISA,Master
基本ポイント200円で1ポイント(1P=0.5~1円)最短発行日数翌営業日~
申 込 条 件30歳以上追 加 機 能ETC,iD,楽天Edy,WAON,
Apple Pay,Google Pay
付 帯 保 険海外旅行保険,国内旅行保険,ショッピング保険
注目ポイント 三井住友カードゴールド

✔インターネットからの申し込みで年会費が初年度無料
旅行保険が充実!海外旅行保険+国内旅行保険が自動付帯※一部利用付帯⇒補償額一覧へ
ショッピング保険付帯。
✔新規入会は最大12,000円相当のポイント還元キャンペーン実施中。

ネットショッピングでポイントが2倍~最大30倍!
 ※専用サイト「ポイントUPモール」を経由して「amazon」「楽天」「YAHOOショッピング」などの提携先でお買い物をした場合。
✔全国の対象店舗でカードを使用するといつでもポイントが5倍!
 ※「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「マクドナルド」など
✔24時間年中無休の無料健康相談サービス ドクターコール24 
 日本国内での急病やケガから病院に行くほどではないちょっとした健康の心配まで、毎日の生活の中で生じる医療・ストレス・健康不安について、医師・保健師・看護師などの専門スタッフが電話で24時間・年中無休、無料で対応します。
✔空港ラウンジサービス 国内の主要空港、およびハワイ/ホノルルの国際空港内のラウンジを無料で利用できます。
✔「VJデスク」が海外旅行中もあなたをサポート!

 海外の主要都市に設置されている「VJデスク」で「観光や交通機関情報」、「レストランやオプショナルツアー、各種チケット、ガイド、通訳などの予約代行」「カードやパスポートの紛失・盗難時のサポート」などのサービスを日本語で無料で受けられます

クレジットカード付帯の海外旅行保険 5つのメリット

それではクレジットカード付帯の海外旅行保険のメリットを1つずつ見ていきましょう。

旅行前に特別な申し込み手続きをしなくても利用することができる。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は一定の条件を満たしていれば保険加入の申し込み手続きをする必要がなく、カードを持っているだけで自動的に補償の対象になります。対象になるトラブルがあった時に連絡すれば補償が受けられます。
しかも費用はクレジットカードの年会費のみで保険料はかかりません。さらに年会費も無料で海外旅行保険が付帯するクレジットカードもありこちらは完全に無料ですからぜひ1枚は持っておきたいものです。

保険付帯の条件「自動付帯」と「利用付帯」を確認しよう。
クレジットカードに付帯する海外旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」2種類のタイプがあります。
「自動付帯」とは、その名の通りクレジットカードを持っているだけで自動的に海外旅行保険が付帯されるタイプです。カードの所持以外に条件はありません。
一方「利用付帯」は、旅行費用(または旅行費用の一部)の支払いにクレジットカードを使用する事で保険が付帯されます。

また「自動付帯」の中には旅行費用の支払いにクレジットカードを使用すると補償限度額がアップする「補償額の一部が利用付帯」になっているタイプもあります。

利用付帯の条件「旅行費用の支払いにクレジットカードを使用する」という条件はカード会社によって使用対象が異なります。例えば「ツアー代金」や「航空機代」の支払いが必要なものもあれば「出国するまでの公共交通機関(バスや電車代)だけでOK」のものもあり、使用するクレジットカードの付帯条件を確認する必要があります。

「自動付帯」と「利用付帯」
自 動 付 帯海外旅行保険が付帯される条件はクレジットカードの所持だけ。   
利 用 付 帯海外旅行保険が付帯される条件は旅行費用の支払いにクレジットカードを使用すること。

海外旅行保険の補償額は合算できる

あまり知られていませんが複数の海外旅行保険に加入している場合、重複する補償の保険金額は合算することができます(実損額が上限です)。つまり事故の損害額が一般の海外旅行保険やクレジットカードの付帯保険の保険金額を超えてしまう場合には、別のクレジットカード付帯の保険で補うことができるのです。

「傷害死亡・後遺障害」だけは複数枚のクレジットカードの補償額を合算することができず、最も高い保険金額が限度額となります

「一般の海外旅行保険とクレジットカード付帯保険が重複した場合」「複数枚のクレジットカード付帯保険が重複した場合」の支払われる保険金はそれぞれ下の表のようになります。

「一般の海外旅行保険」と「クレジットカード付帯の保険」が重複し同時に保険金が支払われる場合
死 亡 保 険 金
一般の海外旅行傷害保険とクレジットカード付帯の保険の両方から保険金が支払われます。
後 遺 障 害 保 険 金
そ の 他 の 保 険 金
(治療費用、賠償責任、携行品損害など)
一般の海外旅行傷害保険とクレジットカード付帯の保険の保険金額を合算した金額を限度として、その範囲内で
実際の損害額が支払われます。ただし、1回の事故について限度額がある場合は、その金額が上限となります。
「クレジットカード付帯の保険」が複数枚重複し同時に保険金が支払われる場合
死 亡 保 険 金クレジットカード付帯の保険のうち最も高い保険金額が支払われます。
※法人カードの場合は取扱いが異なります。
後 遺 障 害 保 険 金
そ の 他 の 保 険 金
(治療費用、賠償責任、携行品損害など)
クレジットカード付帯の保険の保険金額を合算した金額を限度として、その範囲内で実際の損害額が支払われ
ます。ただし、1回の事故について限度額がある場合は、その金額が上限となります。

賢い付帯保険の使い方 海外旅行保険付帯のクレジットカードは複数枚持ちが安心度UP!
補償内容の内、傷害死亡・後遺障害以外の補償額は合算することができますので、付帯保険付きクレジットカードを複数枚持って補償を厚くするのが賢い方法です。年会費がかかるクレジットカードを複数持つのは負担が大きくなってしまいますが、年会費が無料で海外旅行保険が付帯するクレジットカードも複数存在します。下の表に一例として「年会費無料」の2つのカードを持っている場合の補償額のをご紹介しています。

保険金限度額 合算の一例【年会費無料で海外旅行保険付帯カード2枚】 
※傷害死亡・後遺障害は複数のクレジットカードの保険金額のうち最も高い保険金額が限度額となります。

 Epos一般カード
(年会費無料)
楽天カード
(年会費無料)
合計
傷 害 死 亡※500万円2,000万円2,000万円
後 遺 障 害※500万円2,000万円2,000万円
傷 害 治 療 費 用200万円200万円400万円
疾 病 治 療 費 用270万円200万円470万円
賠 償 責 任2000万円2000万円4,000万円
携 行 品 損 害20万円20万円40万円
救 援 者 費 用100万円200万円350万円

他にも、年会費はかかりますがメインカードとして補償の厚いクレジットカードを1枚持っておき、サブカードとして上のような年会費無料のカードを持っておくのも有効な方法です。

また補償の範囲を充実させるなら、クレジットカードでは足りないと思う項目だけ加入できるカードサポートプランのような旅行保険を販売している保険会社もあります。「一般の海外旅行保険のカードサポートプラン」とクレジットカード付帯の保険を併用すれば最小限の費用で充実した補償内容にすることが可能です。

旅行回数に制限がなく、補償期間も長い

一般の旅行保険は旅行の都度申し込み手続きをする必要があり、その度に保険料もかかります。また旅行日数が長くなるほど保険料は当然上がっていきます。

ですがクレジットカードに付帯する海外旅行保険は1年間に○回といった回数制限無しで何度でも使えますし、1回の旅行に対する補償期間も最長約3ヶ月と長期です。

旅行前の申し込み手続き不要という手軽さで、しかも無料(クレジットカードの年会費は別ですが)で保証されるので、海外出張の多い方や、1年に何度も海外旅行をする旅行愛好家、ヨーロッパの周遊旅行など期間が長い旅行をお考えの方にもおすすめです。

家族も補償の対象になるカードもある

おもにゴールドカード以上の上級会員向けの特典ですが、一部のクレジットカード付帯保険の補償範囲には家族も含まれます。一般の旅行保険にもファミリープランがありますが、補償する人数が増えるので当然保険料も人数分上がります。クレジットカード付帯のものは、もちろんカード所持者本人と同様に保険料はかかりませんし、加入申し込みの手続きも不要です。

旅行保険以外にも海外旅行で使える特典が充実

旅行保険付帯のクレジットカードには海外旅行保険以外にも、ショッピング保険や国内旅行保険、空港ラウンジ利用(おもにゴールドカード以上)など旅行で使えるさまざまな補償や特典があります。

ショッピング保険
ショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品の破損や盗難を補償してくれる保険で、カード会社によって呼び方は異なりますがいずれも同種の保険です。海外でのショッピングのみが対象となるものもありますのでカード会社への確認が必要です。通常は数千円から1万円程度の自己負担が求められます。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償内容

次にクレジットカード付帯の海外旅行保険にどのような補償があるか下にご紹介していきます。
尚、補償範囲や補償金額はクレジットカードによってさまざまですのでカード入会時に確認する必要があります。

傷害死亡

海外旅行期間中の事故によるケガが原因で亡くなられた場合に適用される保険です。

後遺障害

海外旅行期間中の事故によるケガが原因で後遺障害が生じた場合に適用される保険です。

傷害治療費用

例えば交通事故など、海外旅行期間中の事故によるケガがもと診察や治療を受けた場合に適用される保険です。

疾病治療費用

旅行期間中に発病した病気がもとで医師の治療を受けた場合に適用される保険です。旅行開始前から患っていた病気や既往症(持病)は対象にならないので注意が必要です。

賠償責任

海外旅行期間中に誤って他人にケガをさせたり他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った場合に適用される保険です。例えばホテルの客室でバスタブのお湯を出しっぱなしにしてあふれさせ、階下や周囲の部屋が水浸しになってホテルから修繕費を請求されたり、レンタル旅行用品を壊してしまうなどがよくある事例です。

携行品損害

海外旅行期間中に携行している身の回り品が盗難・破損・火災などで害を受けた場合に適用される保険です。比較的治安が良いとされている国でも大半は日本と比べて窃盗や盗難事件が多いので是非とも入っておきたい保険です。航空会社に預けたスーツケースや中に入れていたものが破損したり、紛失した場合にもこの保険で対処できます。

救援者費用

旅行期間中にケガや病気で入院(又は死亡)して、親族が救援者として現地に向かう際にかかる現地までの「航空機代」や「宿泊代」、現地での「必要経費」などを保証する保険です。

乗継遅延費用保険金

乗り継ぎ地点までの航空便が遅れて、乗り継ぐ予定の航空便に搭乗することができず、規定の時間以内に代替便に搭乗することができなかった場合、宿泊料金や食事代を補償する保険です。おもにゴールドカード等の上級カードに付帯しています。

出航遅延・欠航・搭乗不能費用等保険金

搭乗予定の航空便が出発予定時刻から一定の時間以上遅れたり欠航して搭乗できず、規定の時間内に代替便に搭乗できなかった場合、食事代が補償される保険です。おもにゴールドカード等の上級カードに付帯しています。

寄託手荷物遅延費用保険金

航空会社へ預けた手荷物の到着が遅れて一定の時間以内に届かなかったため、やむを得ず負担した衣類や生活必需品の購入費用を補償する保険です。おもにゴールドカード等の上級カードに付帯しています。

寄託手荷物紛失費用保険金

航空便が目的地に到着してから一定の時間以内に、航空会社へ預けた手荷物が届かなかった場合、手荷物は紛失したものとみなし、目的地で負担した衣類や生活必需品の購入費用を補償する保険です。おもにゴールドカード等の上級カードに付帯しています。

「任意加入の保険」と「クレジットカード付帯の保険」 補償範囲の違いは?

それではクレジットカード付帯と任意で加入する一般の海外旅行保険にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず何といっても一般の旅行保険の特徴は補償の幅広さです。一般の旅行保険にはクレジットカード付帯の保険でカバーされる補償以外に下のような補償項目があります。

疾病死亡

旅行期間中に発病した病気がもとで死亡した場合に適用される保険です。

疾病応急治療・救援費用

旅行開始前に発病し治療を受けたことがある病気が原因で旅行中の急激な悪化で治療を受けた場合に適用される保険です。クレジットカード付帯の保険やネットで加入する任意の旅行保険には通常含まれない補償ですが持病がある人は必ず入っておきたい保険です。「ジェイアイ保険」「AIG」「東京海上日動」などが取り扱う任意の海外旅行保険で加入することができます。

旅行事故緊急費用

航空機の欠航や大幅な遅延、航空会社へ預けた手荷物の到着遅延(6時間以上)などにより負担した交通費、ホテル代、食事代、必要な身の回り品の購入などの費用や、旅行中に具合が悪くなって病院に行きオプショナルツアーをキャンセルした場合のキャンセル費用などが補償される保険です。

緊急歯科治療費用

旅行期間中に歯科疾病症状の急激な発症・悪化のため歯科治療を受けた場合に適用される保険です。

弁護士費用等

被害事故によって、保険金請求権者が法律上の損害賠償請求を行った場合にかかる弁護士費用が補償される保険です。

キャンセル費用

旅行出発前に一定の要因がもとで旅行をキャンセルする場合にかかるキャンセル料を補償する保険です。


※「被保険者本人や同行者、親族が死亡または危篤状態となった場合」「被保険者本人や親族がケガや病気で入院した場合」「渡航先で地震・噴火・津波・戦争・暴動やテロ行為などがおこった場合」「渡航先に対して日本政府から退避勧告などが発せられた場合」「外国の出入国規制または感染症による隔離が発せられた場合」などをさします。※ただし保険加入後に要因が発生した場合に限られます。詳しくは加入する保険会社の条件をご確認下さい。

旅行中断費用

旅行期間中に一定の要因がもとで旅行を中断し直接帰国した場合の旅費や旅行業者等に支払う違約金などを補償する保険です。

※「被保険者本人や同行者、親族が死亡または危篤状態となった場合」「被保険者本人や親族がケガや病気で入院した場合」「渡航先で地震・噴火・津波・戦争・暴動やテロ行為などがおこった場合」「渡航先に対して日本政府から退避勧告などが発せられた場合」「外国の出入国規制または感染症による隔離が発せられた場合」などをさします。※ただし保険加入後に要因が発生した場合に限られます。詳しくは加入する保険会社の条件をご確認下さい。


補償額だけで言えばクレジットカード付帯の保険にも「傷害死亡」「後遺障害」は限度額1億円という高額補償付きカードもありますし、事故件数の上位を占める携行品の損害や病気やケガの治療費用に対応できる補償もついていますが、旅行中に発病した病気で死亡した場合の「疾病死亡」や、持病の急激な悪化に対応する「疾病応急治療」、突発的な歯科疾患に対応する「緊急歯科治療費用」といった補償項目がなく、オプションで補償を追加するというシステムもありません。補償をどこまで手厚くするかは

補償の範囲 を賢く広げる
クレジットカード付帯の補償範囲を充実させるために、追加したい補償項目だけ選んで加入できるクレジットカードサポートプランのような旅行保険を販売している保険会社もあります。これなら最小限の費用で充実した補償内容にすることができるので近年利用する人が増加しています。
下リンクの「t@biho(ジェイアイ傷害火災)」「新・海外旅行保険【off!】(損保ジャパン)」「ネットde@とらべる(三井住友海上)」などが取り扱っています。

クレジットカードに付帯される海外旅行保険の注意点

クレジットカードに付帯される海外旅行保険はあくまでも特典の1つというサービス的な要素が強いため、任意で加入する有料の海外旅行保険と比べると補償範囲がせまい傾向にあります。また補償範囲を選んだり補償額を引き上げたりすることはできないので、補償が足りないと思う部分がある場合は別途有料で一般の旅行保険に加入する必要があります。

また旅行にあわせてクレジットカードをつくるなら、申し込みからカード発行まで日数を要する場合もあるので時間に余裕を持つよう注意して下さい。なかには即日発行や翌日発行が可能なカードもありますがあくまでも審査に問題の無い場合です。また発行が済んでもカードが手元に届くまでには数日から1週間ていど郵送の時間がかかります。

またこれは一般の海外旅行保険に加入する場合にも同じことが言えますが、トラブル発生時にサポートデスクを活用できるよう、旅行に出発する前にクレジットカード会社や保険会社の緊急連絡先を確認しておきましょう。また、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードや一般の旅行保険は、カード会社名や保険会社名と一緒にそれぞれの連絡先を家族に伝えておくのも重要です。

海外旅行保険 コロナは対象になるのか

現在世界中で感染が拡大している新型コロナウィルス(新型肺炎)は海外旅行にも甚大な影響を与えています。そんな中、海外旅行傷害保険を扱う各保険会社ではコロナウィルスに関して特例措置を出す動きがでています。

ここではコロナウィルスに関して現在おもにどのような補償があるのかをご紹介していきます。

以下は主要な保険会社の現在の措置についてご案内していますが、保険会社によって対応しているところとしていないところがあり、措置の内容もまちまちなので詳細は必ず加入する保険会社またはクレジットカード会社への確認が必要です。

疾病治療費用と救援者費用(または治療・救援費用)

疾病治療費用とは旅行開始後に発病した病気により医師の治療を受けた場合に治療費等を補償する保険です。通常は「旅行開始(自宅出発)後から旅行終了後72時間を経過するまでに発症し治療を開始した場合」が補償対象になり、感染症の範囲も決められています。

旅行中にコロナにかかったら治療費は補償されるのか?
新型コロナウィルスに関する補償内容の改定をしている保険会社では、新型コロナウィルスを補償の対象とし、責任期間を「旅行開始後から旅行終了後30日を経過するまでに発症し治療を開始した場合」まで拡大しているところが多いです。

つまり旅行中だけではなく帰宅後しばらくしてから感染が発覚しても、旅行終了後30日以内に治療を開始すれば国内で治療を受けたとしても海外旅行保険の対象になることになります。また旅行先で新型コロナウィルスに感染し3日以上入院した場合に、日本から家族が救援に向かう渡航費などの費用を補償する「救援者費用」も補償の対象になります。※ただしあくまでも対象となるのは旅行期間中に感染した場合です。

疾病死亡

最悪の事態ではありますが、「疾病死亡」が付いている海外旅行保険に加入していて、海外旅行中にコロナウィルスへの感染が原因で死亡した場合は保険金を受け取れます。
この補償についても、従来は「旅行開始(自宅出発)後~旅行終了後72時間以内に発症し治療を開始した病気」によって「旅行終了日から30日以内」に死亡した場合が対象ですが、コロナウィルスに関する特例を設けている保険会社では「旅行終了後30日を経過するまでに発症し治療を開始した場合」かつ「旅行終了日から30日以内」に死亡した場合まで保証対象を拡大しています。

旅行キャンセル費用と旅行中断費用

「旅行キャンセル費用」はおもに本人や家族が病気で入院、死亡、危篤状態になったときや国からの出入国規制や感染症による隔離措置、退避勧告が発せられて旅行をキャンセルする時にかかるキャンセル料を補償する保険です。

コロナが原因のキャンセルはキャンセル費用の補償対象になるのか?
コロナ関連では、
「外国の出入国制限措置または感染症による隔離が発せられた場合(行動制限措置は補償対象外)」や「渡航先の感染症危険情報レベルが「レベル3」または「レベル4」に引き上げられた場合」「本人がコロナウィルスに感染して旅行に行けない場合(3 日以上の入院をした場合、または感染により検疫法に基づいて医療施設などに隔離された場合)」などが補償の対象になります。

ただし、どの事例も保険加入後に発生した場合に限られるので、加入前から感染症危険情報レベルが「レベル3」以上であったりした場合は補償の対象にならないので注意が必要です。各国の出入国の制限や、感染症危険情報レベルは非常に流動的ですので保険加入前に必ず外務省ホームページ等で確認するようにしましょう。尚、勤務先等が発した規制や本人の判断によるキャンセルも補償の対象にはなりません。

「旅行中断費用」は旅行を中断せざるを得ない事態が発生し直接帰国した場合の旅費や旅行業者等に支払う違約金などを補償する保険で、おもな条件は旅行キャンセル費用のものとほぼ同じです。

コロナが原因で旅行を中断して帰国する場合は補償対象になるのか?
コロナ関連では「出国後に渡航先において新型コロナウイルスの影響で日本を含む感染者確認国からの入国を制限した場合(行動制限は対象外)」「出国後に日本への入国に対して入国後の待機命令等が発出されたことにより、旅行を中途でとりやめ、早期に帰国をする場合」「渡航先の感染症危険情報レベルが「レベル3」または「レベル4」に引き上げられた場合」などが補償の対象になります。 こちらも保険加入後に新たに発生した場合に限られます。また出国手続き前の旅行中断は補償対象外となります。

保険期間の自動延長について

コロナの影響で予定通りに帰国できなくなったとき保険は延長されるのか?
通常は帰国するための飛行機が欠航・運休、遅延した場合などに72時間を限度に補償が延長されることがありますが、現在新型コロナウィルスに関しては、旅行先で感染して隔離されたり、滞在先の空港が閉鎖された場合など、保険期間中に帰国できない場合には保険期間が自動的に延長される措置が取られています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました